ipad

アフィニティデザイナーiPad版」というソフトを使ってみました。

iPad版をアプリストアで買って、ちょっと、アフィニティデザイナーiPad版はどのようなものかなと使ってみました。

アフィニティデザイナーはどのようなものかといいますと、ADOBE(アドビ)で出しているillustratorのソフトのようなものです。長年利用しているADOBE(アドビ)のソフト「adobe illustrator」「adobe photoshop」は、プロ用としては一般的ですので、ずっと使い続けていて慣れてはいます。

(adobe illustratorは、ロゴイラストからチラシやポスター商品のパッケージ看板などを作るのに幅広く使われています。)

 

その似たような「アフィニティデザイナー」というソフトは、海外では使われているようですが、日本ではまだ浸透してない感じですね。

アフィニティデザイナーipad版

affinitydesigner

使用しているのは、iPad pro12.9型です。

最新のiPad proではなく、ちょっと古いバージョンで利用。

このiPad pro12.9型は、iPad proシリーズとしては一番大きいサイズですね。a4サイズの大きさぐらいです。

アフィニティデザイナーipad

アフィニティデザイナーiPad版の画面です。

光が反射して見づらいですが、ご容赦くださいませ。

レイヤー

レイヤーで、分けることもできますよ。

分けることができるのですが、ipadだと、最初はわかりづらいかもしれません。

affinityカラー

こちらは、カラーを調整するとこです。

面の設定と線の設定がわからなかったので、覚えるまで時間がかかりました。

使ってみて、これはこうゆうことなんだと、確認しながら使ってみました。

うーーーん、やっぱり、覚えるまで時間がかかりますね、、、。

最初は、どうしたらいいかわからなかったので、動画のマニュアルがあり、それを見ては使って、見ては使いの連続。

使ってみるとだんだん慣れてくるものですね。

AffinityDesigner画面
パス設定
ipadペンシル

ipadだと、色つけが慣れるまで、時間がかかってしまいますね。

アフィニティデザイナーのパソコン版を買って、使った方が早いのかもしれませんね。

ipadpro

アフィニティデザイナーは、なかなか使い勝手は良さそうですね。

使っていきながら、いろいろと模索しようと思っています。

安価なので、手軽に始めやすいかも。

アフィニティデザイナーのipad版を使ってみた話でした。

それでは、また!