ホームページの開設に必要なドメイン選びは重要です。

最初に自社のホームページのURLやメールアドレスにも使われる「ドメイン」についてです。

自社(自分)の好きなURLを利用できる「独自ドメイン」

 

独自ドメインを使用することで、ホームページ(WEBサイト)にしっかりと費用をかけているというアピールにもなりますし、信頼感もぐっと上がります

 

独自ドメインって何?

独自ドメインとは、URLとメールアドレスで例に上げているホームページのURLとメールアドレスの青い線の部分を自社(自分)だけのものに設定できるサービスです。

 

独自ドメインを取得すると、インターネット上で世界でただひとつの住所をとることになります。この住所は、覚えやすいという実用性に加えて、お客様の信用に直接的につながり、法人登記以上の価値をもつことさえあります。

 

独自ドメインは、重複はできないので、基本的に取得する場合は早いもの順になります。
使用したいドメインが取得できるかどうかは、調べてみないとわかりません。

 

独自ドメインを利用するメリットは何?

利用するメリットですが、
ホームページ(WEBサイト)の信頼度アップです。

 

独自ドメインを取得すると、自社(自分)の好きなURLを設定できるため、会社名やホームページ名をURLにすることも可能になります。

 

URLが無料ブログやプロパイダのアドレスでは、サイト運営に費用をかけていなのが訪問者(読者)にわかってしまいますが、独自ドメインであれば、信頼感(信頼性)も向上します。

 

あとは、

検索エンジン(SEO)での上位表示も高い確率で評価されるので、おすすめです。

 

自社(自分)のメールアドレスが利用できます。取得したドメインでオリジナルのメールアドレスが利用可能です。

会社名のドメインを取得した場合など、会社のメールアドレスが利用できるので信頼性も上がります。

 

独自ドメインの種類

独自ドメインの後ろの、.com、.netなどはトップレベルドメインと呼ばれています。

 

これから起業してはじめる方、まだホームページを持っていない会社さんは、もしホームページをつくるとしたら、最初から、ホームページ上に独自ドメインをもち、長期的な資産としてつくることをおすすめします。

 

ホームページ(WEBサイト)の価値を高めるためにも独自ドメインは必要ですね。

自社のホームページのURLや

メールアドレスにも利用できる「ドメイン」について、解説します。

 

「ドメイン」って何なの
思っているかもしれませんね。

 

ホームページ(WEBサイト)を閲覧するときに、URLを入力することがあります。

 

または、名刺やパンフレット、チラシなどにもホームページ(WEBサイト)のURLを記載してあるケースは一般的に非常に見かけます。

 

例えば、

「http://igunaru-design.com」というURLでは

「igunaru-design.com」の部分を「ドメイン」と呼びます。

 

これは、インターネット上ではサーバーやメールなどを識別するための名前の一種です。

 

ドメインは、プロバイダやレンタルサーバー会社から提供されるものをそのまま使っているケースもありますが、

商用(ビジネスで利用)のサイトであれば、
ぜひ
独自ドメインを取得
して
使いたいものですね。

 

これからビジネスを発展させていきたいと初めてホームページを作られる方は、無料ブログサービスを利用してしまうという選択は、あまりオススメしません。

 

 

ビジネスで信用を得るには、最初からしっかりとした、独自のインターネットの住所を使いたいですね。