パソコンでhtml画面

かっこいいだけではないWEBデザイン

デザインはかっこよさに行きがちですが、ホームページに訪れてくれる方が使いやすい、情報が探しやすい、サイトが古い感じであったら、御社のイメージをダウンする可能性もあります。

伝わるWEBデザイン

パソコンが当たり前でしたが、今は、スマホ・タブレットなどでホームページに訪問する方が多くいます。どちらも使い勝手が悪いサイトはすぐ離れていってしまいます。IgunaruDesignでは、使いやすい、わかりやすいデザインをご提供いたします。

わかりやすい設計

設計を心掛けております。ホームページは、印刷物と違い、使うという行為を行うものなので、わかりやすい色・ボタン・各パーツを設計し、動線設計を行います。

ホームページは会社・事業者様の顔です。

ホームページは、御社の顔となるメディアです。印刷物とは違い、24時間ネット環境がある場合、どこでも閲覧することができます。御社の顔ですから、ホームページをおろそかにできません。人材獲得・求人にも影響がおよぶこともあります。企業やお店の雰囲気や特徴を踏まえて、デザインを行いブランディングに貢献いたします。

WEBデザインの役割

デザインによって、見え方や印象が変わります。

デザインはホームページを構成するひとつの要素として考えていく事が大切です。デザインの役割は、コンテンツ(内容)をキレイにわかりやすく魅せることができます。適切なデザインはコンテンツを読みやすくして、シンプルなほうが反応がとれやすいことが多いです。

もっと魅力を伝えるために

魅力を伝えるサイト、使いやすいホームページ(WEBサイト)は、サイトみているユーザーにとって好印象にうつります。

情報のつかみやすいページにするために、図表や、写真、イラストなどをアイキャッチに利用することも有効な手段です。

文字だけの表現

上の図は、テキスト中心の表現です。
じっくり読もうとするユーザーでないかぎり、一見しただけで情報をつかむことは難しいでしょう。

そこで下段のようにイラストや写真を加えると、視覚イメージから瞬時に情報を伝えることができるようになることがわかります。

イラストやデザインされた表現

イラストを加えるだけで、情報を認識しやすさが飛躍的に高まりますね。

イラストや写真をうまく活用して、ユーザーに考えさせずに情報をみせることを心がけましょう。

デザインを活用することによって、使い勝手や分かりやすさが大きく変わります。

企業やお店の魅力をとどけるためにも、デザインの力を使って、もっと伝わるようにしていきませんか!!