こんにちは。

最近、宮城県にあるスーパーや大型店などでも、
地元の方が作っている野菜を売っていることがあります。

 

宮城の野菜

 

似顔絵入りで「宮城〇〇子が作りました!」というPOPなんかもあり、

ただ野菜を買うのではなく、顔の見える野菜を買う事も大切かなと思っています。

それも、安かったりするので、満足、、、。

 

宮城県の地産地消

 

身近なところで、地元のモノを買うということが、

無理なくできる地産地消ですね。

 

 

顔の見えるものを買う?

ある本にこのようなことが書いてありました。

多くの人がやっていることだと思うが、普段何気なくやっている食品や雑貨の買い物の際に、敢えて「顔の見えるもの」、どこか特定の場所で特定の誰かが地元の資源を活かして作っているものを選んでみる。

少し高いかもしれませんが、大物になった気分で何の見返りがあるともわからない支援金を払ってみる。ということはどうでしょうか。

いつもは黙って買い物をしている人であってもたまには店の人と会話してみるのもよいかも。どこかに出かけたときに敢えて、その土地の材料を使ってその土地で作られた土産を探して買ってみる。同じような全国チェーンの店に寄ったとしても、その地方にしかないローカルな品物が置かれていたりするので、敢えてそういうものを選んでみるなど。皆さんのご近所でも、何か必ず「ここにしかないもの」があるはずですね。

 

ちょっとカタい文章ですがが、、こんなことも書いてありました。

持つべきものの第二は、自然とのつながり。失ったつながりを取り戻すこと。自分の身の回りに自分を生かしてくれるだけの自然の恵みがあるという実感を持つ事で、お金でしか頼るもののなかった人々の不安はいつのまにかぐっと軽くなっている。身の回りの自然を活かす方法を 、受け継ぐということです。

 

何か壮大なことを書いてありましたが、

この文章に何か感じとれる部分もあり、何かを考えさせられる文章ですね。

 

あまり、カタいことは置いときまして、

 

忙しかったり、全部をそのようにするのは、なかなかムズカしかったりもしますが、
買う時は、地方のもの、顔の見えるものなどを買うように心がけようと思います!

 

それでは!!

 

 

 

 

Yuuki

宮城県周辺のホームページ制作・印刷物のデザインなら「イグナルデザイン」