デスクの上の葉っぱ

サイトで更新を続けるのは良いと分かっているけど、
続かないのよっ!てありませんか。

コンテンツの更新って、なかなか続かないという方、いるかもしれませんね。

最初、ブログ開設当初は、ある程度ブログを更新するのですが、だんだんと更新が遠のいてしまいます。

最初の数週間は更新し、その後はほったらかしといったケースがよくありますね。

多くの場合は、業務の合間に更新するため、業務が忙しくなると更新を難しくなります。

自分もそうですが、、(笑)

 

あとは、最初は書きたい事があって、頻繁に更新するものの、やがてネタが切れてしまうということもありえますね。

企業(経営)として、集客・認知度アップのためにブログを長く運営するには、
下記のポイントをおくことも大事かと思います。

コンテンツが続かない!を改善しよう

更新サイクルを作ってみる

書ける時に書くというマインドでは、業務が忙しいときには忘れて、書かなくなるのが一般的です。
コンテンツやブログは日記と違って、無理に毎日更新する必要はありません。

最初は、頻度が高くなりがちですが、後は1週間に1回とかでも良いと思います。

むしろ、毎週木曜日に更新するというスタンスを確率し、記事の作成期限を決めて取り組むと長続きするかもしれません。

人それぞれ違うかもしれませんが、サイクルを作って無理なく更新したいですね。

仕事にしてみるのも良いかも

会社内、社員にブログを書いていただく場合には、本人の自覚にまかせるのではなく、業務(仕事)として更新を指示する手もあります。

一人だけでブログ記事を書くのが負担の場合は、複数の社員(スタッフ)による持回り方式にしてみるのもよいでしょう。

なかなか個人のエネルギーに頼っていると続かないこともしばしばです。

事業の仕事(業務)の一貫として取り組んでみると、案外長く続く可能性が高いですね。

みんなやるから、自分もやってみようという気が起きますのでモチベーションの維持にはオススメのやり方です。

商品(サービス)について書く

自分の考えをコンテンツ(ブログ)に書くだけでは、話題が枯渇しがちになってしまいます。

それよりも、企業・お店の商品やサービスを1つずつ取り上げて、詳しく説明したほうが続けられますね。特に、新商品案内や入荷案内、イベント案内などの告知は、集客の意味でも必要だと思います。

あまり文章がないただの案内ではなく、ちょっとしたメリットを感じるような記事にしてみるのもいいかもしれませんね。

顧客(お客さま)の声を紹介してみる

顧客(お客さま)からの言葉などをコンテンツ(ブログ)で定期的に紹介する方法もあります。ネタ切れ防止だけではなく、お客さまの獲得にも威力を発揮します。日常的にも顧客の声を集めてみましょう。

お客さまが喜んでくれたこと。

こんなお困りごとがあり、解決しましたよ!とか、お客さまの声を載せてみるのも、サイトを見る側にとっては非常に役立つコンテンツ(記事)になります。

自社(自分)にとっては当たり障りのない日常的なものを記事にしてみると、案外喜ばれる記事なったりするのでオススメです。

空き時間で更新をしてみる

コンテンツ(ブログ)は携帯(スマートフォン・タブレットなど)を使っても更新ができます。

スマホだけでは、文章が打ちにくいのであまりオススメしませんが、気軽にどこでも更新できるメリットもありますね。

コンテンツ(ブログ)を書くためのまとまった時間がとりづらい場合は、隙間時間を使って書くようにすれば、無理なく続けれるかもしれません。

決まった時間と決まった空間で更新することも長く続けられるコツですよ。

一応、アイデアとして書いてみましたが、いかがでしょうか。

パソコン・スマホ・タブレットの環境、更新しやすい環境、ネタが浮かぶ環境、邪魔されないで集中しやすい環境があるので、自分に合った環境を構築してみるのも悪くないですね。

コンテンツ(ブログ)の更新を続けるためのコツでしたが、自分にあった方法がきっとあるはずです。

なかなかコンテンツ(記事)が湧いてこない場合は、第三者からのアドバイスも大切です。

無理をせず、続けられる方法を見つけたいですね。