imacとhdd

ウェブやグラフィックデザインの仕事をしていると、パソコン(iMac)やノートパソコン(Macbook pro)のデスクトップに、データが段々と増えていきます。

これは、しょうがないことなのですが、

パソコンが故障して、中のデータが消えることもあり、油断ができません!!!

前に、パソコンが故障して、データがなくなってしまったので、せっかく作ったデータを作り直ししたことがあり、大変でした・・・・。

今はそれはないですが、失敗しないと身につきませんね。

主に使っているiMac、macbook、ipadは、最近はなぜかそんなに故障しなくなってきています。

性能が良くなっているのでしょうか。

バックアップ

最近のバックアップシステム

ずっと、

どでかーい外付けハードディスクを利用していました。

こんな感じのもの。

大きいバックアップ

すごく重いし、大きすぎです。

もっと小さいバックアップできるものがないかなと思っていました。

そこで、

コンパクトな外付けハードディスク(バックアップ)がないかなぁ〜と思っていたところ、小さいハードディスクを発見!

おっ!!!

これは良いと思い、

知り合いの方が使っていたコンパクトなハードディスク。

iMacやMacbookのバックアップ

小さくて、薄い!!

こんなのあったのね!と、関心してしまいました…。

iMac(大きいパソコン)やmacbook(ノートパソコン)では、Time Machineを使って定期的に自動でバックアップもできます。

・そこに、1テラバイトの大容量なので、大量にデータが保存できますよ。

以前は、でかーいバックアップ用のハードディスクを使っていたのですが、これからは小さくコンパクトなハードディスクが重宝しそうです。

一番左が、最近利用している外付けハードディスク。

コンパクトでいいですね。

うちのバックアップシステムが変化!!!!

コンパクトなので、持ち運びもスムーズです。あまりスペースも取らないのでおすすめです。

ずっと使えるかは、今後使って見ないとわからないので、また進展があったらお伝えします。

 

 

バックアップは、取っておかないと大変なことになるので、オススメです!

メーカーは、BAFFALOなどなどで使用中。

まぁ、

クラウドストレージサービスも利用して保存しているので、安心なのですが、クラウドもどうなるかわかない部分も、大きな容量を利用するとコスト(費用)が高くなるので、大事な物だけ入れております。

クラウドサービスとは、データをインターネット上に保存する使い方です。クラウド上でデータを管理することで、自分のノートPCやiPhoneだけではなく、他のPCからも、同じデータにアクセスできることがメリットです。

テレワークとか便利!!

「iMacやMacbookのバックアップはしっかり!!」ということで、記事を書いてみました。

前までは大きかったものが、どんどんコンパクトになって、便利になっていきますね。