プロモーションの図

「WEBを軸にしたプロモーション戦略」とタイトルを書いてますが、

ちょっと、気取りすぎなタイトルですね。

あまり、
スゴいことを言ってそう、、、な感じですが、、、。
(そんなにすごくはないです。)

WEB(ホームページ)を、中核に!

WEB(ホームページ)には、
データ(情報・コンテンツ)を蓄積するプラットフォーム(基盤・基地みたいなこと)としての機能があります。

WEB(ホームページ)を広告(メディア)として使用するだけではなくて、

ハブ(中核)となって深い情報をみてもらう役割があります。

新聞などのマスメディア、チラシなどの紙メディア、SNS・看板やイベントなどのメディアがあるなかで、WEB(ホームページ)はそれらのハブ(中核)となってプロモーションの効率を高めることができます。

でも、WEB(ホームページ)は万能ではありません。

プロモーションで用いるメディアは、目的やターゲット、それぞれのメディアの特徴から選ばれるものです。場合によっては、WEB(ホームページ)への重要度が少なく、リアルの媒体、オフラインのメディアが占めることというのもありえます。

これからのプロモーション

これからのプロモーションは、あらゆるメディアを組み合わせ、より広い視野で見たメディアの活用が注目されています。

WEB(ホームページ)はメディアとしてではなく、データ(情報・コンテンツ)を蓄積することができるプラットフォーム(基盤・基地みたいなこと)として活用していくことが大切になります。人材の採用にもWEB(ホームページ)はかかせません。

時代的には、SNSだけに頼らず、WEB(ホームページ)だけに頼らず、リアルの媒体だけに頼らずに、うまく複数のメディアを組み合わせて、WEBを基盤におき、プロモーションを展開する施策が効果的です。