IT活用

小さな会社・店舗こそ、
ホームページの活用(デジタル化)が大事です。

作ることも大事ですが、作ったあとの活用も大切になります。

 

会社案内の枠を出ないホームページが少なくありません。

なかには、
ホームページをもたない会社・店舗もあります。

ホームページは、うまく活用すれば、少ない予算で大きな利益を生み出すことができる協力なツールになる事も可能です。

これは使わない手はありませんね。

 

営業のデジタル化

 

見込客の獲得

新規顧客を獲得するには、見込客(営業先)をたくさん獲得することが大切です。

 

見込客が少ないと客を選べないために、購買意欲の低い見込客にも対応をしなくてはならなくなります。営業の効率は悪くなります。

 

ホームページを活用することができれば、さらなる効率的に見込み客を集めることができます。それには、ホームページで商品やサービスの魅力を徹底して伝え、資料請求やお問い合せなどにつなげれば、新規顧客の獲得スピードがアップします。

営業効率

 

訪問者を集めることと、情報が魅力的に見えるように対策する必要があります。

ホームページを育てていくという発想が大事だと思っています!

デジタルで集客をはじめよう

WEBをビジネスに活用する記事を書いています。

 

ちょっと、マジメな文章になりますが、、、。

 

見込客の購買意欲を高める工夫

 

最近では、
名刺交換した相手企業のホームページを見たり、広告に掲載されている商品の詳しい情報をホームページで調べたりする人が増えています。

 

また、
その時は買ってもらえなくてもホームページを何度も見ているうちに、あとで購買に結ぶケースもよくあることです。

 

つまり、ホームページの役割は、見込客を集めるだけではありません。

 

SEO対策すれば、大丈夫という方もいますが、
それだけでは不十分かもしれません。

 

見込客に詳しい情報、商品の使い方や事例、技術的な詳細情報、過去の実績やお客様の声などを伝えることにより、購買意欲を高めることができます。

 

購買意欲向上

 

商品の販売

デジタル(オンライン)で自社商品を直接販売することも可能です。

卸売業者や代理店を介さずに商品を販売するには、非常にたくさんの集客努力を必要とします。

高い利益を得る事も可能です。

 

ホームページを作るというよりも、ホームページを育てるという発想をもって、HPに取り組むと良い結果が生まれると信じています。

デジタル化によって、なるべく接客少なくすることもできます。

ネット集客での営業の効率化のお話でした。