葉っぱとノートパソコン

ホームページのSEO。

SEOとは、狙ったキーワードで検索エンジンに上位に表示させる技術です。

検索エンジンの順位は、上がり下がりが激しいですね。

ここでは、検索順位を下がるSEO(検索エンジン対策)を注意点として、書きたいと思います。

SEOの歴史について、外部リンク獲得の切っても切れない関係にあります。

本来リンクというものは、「このウェブサイト(ホームページ)は有意義」と思って第三者がリンクを貼っていただくことが一般的でしたが、SEOは外部のリンクを多数獲得することが有利と情報を聞きつけて「SEO対策が目的のリンク」というものが乱立しています。

ネットショップを運営していると、

SEO対策の営業電話がかかってきて、外部リンクを多く自社のネットショップに貼った方が上位表示されますよという営業がかかってくることもあります。

ネットショップを運営している方は、検索エンジンで上位表示したいので、、、、。

その頃は、

一時的に検索順位が上がったのですが、しばらくすると次第に上がらなくなってきました。

検索エンジンは、日々変動するので変なことをするとしっぺ返しを受けることがありますね。

ノートパソコンの画面とキーボード

自作自演の外部リンクは危険

キーワードで上位表示をしたいサイトに一斉にリンクを貼るという手法です。SEO対策専門業者さんなどは、サイトの数が数百〜数千歳とにのぼることがあります。

そこから、あるサイトに数百のサイトから同時刻にリンクが貼られるというのは異常です。リンクが貼られた時間を記録することで、そのリンクが不正ではないかと検索エンジン側が監視しています。

あるSEO業者さんの有料リンク

有料リンクとは、

お金を払ってくれるとリンクを貼りますよ!というサービスです。実際に何万円くらいでリンクを貼るサービスは存在します。

検索エンジン側はスパム扱いしていますが、実際にはSEOで成果を上げていることもあります。

実際に行ってみましたが、それが継続的に上位表示されるかは現実難しかったです。

また、

有料リンクに関しては、リンクを貼ってもSEOの効果が無効化されることもありますのでご注意ください。

不正のSEOは危険

過度な不正SEOを行うと最悪の場合は、検索結果から削除されて検索されない場合もあります。

そのことから、

過度に不正なSEOはおすすめしません。

同じ費用や時間をかけるのならば、ネット広告(リスティング広告など)にかけたほうが良いのかもしれません。

1