前に買った本のある部分に、
デザインの役割とは? ということに関してのっていました。
基礎的なことかもしれませんが大切かなと思ったので引用して書きます。

 

デザインをするということは、何なのでしょうか。
デザインをすることで何が変わって、デザインにはどんな役割があるのでしょうか。

 

※あくまで商業デザインのことについての話です。

まずは一つ目に、
情報を分かりやすく伝えることと書いてありました。

————————
情報を分かりやすく伝えること内容をわかりやすく見せる事がデザインの役割です。

情報の内容に合わせてグループ分けしたり、重要度に合わせて表示される大きさが異なるなどの秩序が与えられていると、理解が容易になります。

デザインをするということは、受け手の情報理解を助けることにつながっていくのです。
————————

 

 

二つ目は、
コンテンツを魅力的に見せることについて。
————————
商業用のデザインを考える時には、わかりやすく説明するだけではなく、商品・サービスを魅力的にみせることもデザインの目的。対象物の利点を印象づけるなど、デザインすることで情報を受け手に好感をもって受け入れられることが重要です。

商品なら多くの購買に繋げること、イベントなら多くの参加者を獲得することなどもデザインの役割の一つです。

文章や写真画像・イラストなどを組み合わせたり、
イメージやターゲット層の嗜好に合わせて配色したりするなど、様々な方法を組み合わせて、コンテンツの魅力を伝えることもデザインの大切な役割といえます。
————————

 

デザインについての基礎的な目的についてですが、
基礎が大事だったりもするので記録的に書いてみました。

 

 

企業やお店の売上向上やイメージアップ等にかかわれることは、大変なこともありますが、とてもシアワセなことですね。

 

いっしょに、デザインを通じて、成長できることを願っています。

それでは、また。

 

 

出典:©Socym

コメントを残す