桜が咲いている枝

うれしいことがありました。

最近、ホームページからのお問い合せがありましたとの声。

ホームページから集客効果あり

うれしい限りです!

 

ホームページで大事な事は、やっぱり顧客獲得ですね。

これから商売を広めていこう!という事業者様は、顧客獲得・集客ができることは大切です。

 

ホームページを作ったんだから、あとは誰かがアクセスしてくれるのを待てばいいだろうと思ってしまいますが、

なかなか難しいのが現状です。

 

ホームページの場合、

誰かが特定のキーワードで検索したときに、自分の会社やお店のホームページが検索結果の上位に出てくるようにしたり、インターネット上で広告を出したりする方法もあります。

どちらも手間やお金がかかってしまいます。

むやみにやれば良いというものではありません。

そこが難しいところではありますけど、、、。

 

しかし

これもリアルなお店を作ったときに広告を出したり、チラシをまいたり、目立つ看板をだしたりして集客のために手間やコストをかけて工夫するのと同じです。

 

ホームページも見てもらうために「集客」が必要になります。

 

ホームページを作りました!商品・サービスをはじめました!といったことを、新規のお客さまや、既存のお客さまにしってもらうことが、ホームページを訪れてもらうためには必要ですね。

 

 

 

はじめて、作られたばかりのホームページ(ウェブサイト)は、
関係者以外は、誰にもサイトのその存在を知られていない状態です。

 

実在しているお店であれば、建築・改装の途中で通りかかる人が「何のお店ができるのかな?」と期待とともに、認知してくれる可能性もあります。

 

しかし、
ホームページ(ウェブサイト)は、その所在地(サイトのアドレス)がわからないと訪問どころか、存在自体も知らないはめになってしまいます。ネットの集客が必要ですね。

(※リニューアルであればともかく新しいホームページは認知されなくてははじまりませんね)

 

森の中にぽつーーんとあるお店のようなイメージです。そこに通じる道はあるものの、関係者以外は誰も入ることのない道になっている状態…。

 

森の中(イメージ)に店(自社ホームページ)に来てもらうためには、まずは、お店があることを知ってもらう必要があります。
知ってもらうための取り組みこそが、集客のはじめのステップになります。

集客の第一歩ですね。

 

インターネットの様々な集客ツールを活用しよう

スマホの画面ビジネスでは、集客は大事ですね。

インターネットの集客を考える時に、様々なサービスやツールを考えてみましょう。

 

SNSを利用する

SNS(Social Networking Service)とは、人と人とのつながりを促進するサービス。

有名なところでは、
世界最大のSNSであるFacebook、
写真の投稿と共有ができるInstagram、
つぶやきをやりとりできるTwitter、
コミュニケーションツールとして圧倒的な利用者数を持つLINEなどがあります。

SNSでの配信先は、原則として自社のファンですので、好意的な反応が期待できます。これらのサービスに登録して、SNSを活用した情報発信にも挑戦しましょう。

 

あとは、

ブログの活用

ホームページといっしょに、ブログを開設するのも集客に役に立ちます。

 

ホームページ上でのビジネス的な情報とは別にホームページの運営社や担当者が書く、ブログは人間味が感じられる親しみが持たれやすいので、オススメです!

通販サイトを商品を買う時に、、同じものを同じ値段で売っていたとしたら、運営社がどんな人かわかり親しみを感じられる店で買いたい人が多いのではないでしょうか。

 

また、

これがブログのいいところ!なのですが、

ブログを書き続けてページ数が増えれば、そちらのコンテンツ(ページ)が検索の対象になり、SEOにも一定の効果があるはずですね。

 

ブログは手間がかかり、地味な作業ですが、
積み重ねたコンテンツは資産になります。

 

ブログサービスを提供する会社はいくつかあるかとは思いますが、無料のものは広告が表示されたり、さまざまな制約もあります。

ワードプレスのようなシステムを使って、自社で環境を構築・管理して発信できるようにすることが望ましいと思います。

 

 

様々な集客ツールを活用しようでした!!

 

私たちは、デジタルを中心とした販促活動をすすめています!