宮城のホームページ制作屋さん・運営サポートをメインに販促物などのブランディングデザイン 

現在、「同期のサクラ」というドラマが放映されています。

毎週水曜日、夜10時からのドラマです。

(画像はドラマの公式ホームページからです。恐いドラマではありません……。)

簡単にドラマ「同期のサクラ」のことを説明しますと、バカがつく程、正直で自分を曲げない女性の会社員が、社会とのギャップに翻弄されるドラマです。

あまり簡単には言えないですが、

面白いなぁーと思って最初から見ています!

そのドラマに出てきた、人事部部長の黒川さんが見ていた本が気になりました。

その本は、

置かれた場所で咲きなさい」という本です。

気になって、買ってみました。

この言葉に、何か感じたのかもしれませんね。

置かれた場所で咲きなさいの本

文庫本の大きさで、小さいサイズです。

それほど、大きくないので、カバンにも簡単に入れて持ち運べます。

ベストセラーの本

本の帯には、210万部突破の文字が!

この本は、売れている本のようですね。

発行日が、2012年4月25日第1刷発行と書いてました。

長い間、読まれている本のようです。

 

本を読むと「置かれたところで咲く」というテーマの本。

気になったところを

引用して書きます。

結婚しても、就職しても、、子育てをしても「こんなはずじゃなかった」と思うことがでてきます。そんな時にも、その状況の中で「咲く」努力をしてほしいのです。

どうしても咲けない時もあります。雨風が強いとき、日照り続きで咲けない日、そんな時に咲かなくてもいい。その代わりに、根を下へ下へと降ろして、根を張るのです。次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。

イイ言葉だなぁ〜と思いました。

続きで、このようなことも書いています。

「置かれたところ」は、つらい立場、理不尽、不条理な仕打ち、憎しみの的である時もあることでしょう。信じていた人の裏切りも、その一つです。

人によっては、置かれたところが悪い状況かもしれません。役立たずと思われて、片隅に追いやられることさえあるかもしれません。

多くのことを胸に納め、花束にして神に捧げるためには、その材料が必要です。ですから、与えられる物事の一つひとつを、ありがたく両手でいただき、自分しか作れない花束にして、笑顔でいたい。

どんなところに置かれても

「どんなところに置かれても花を咲かせる心を持ち続けよう」

「境遇を選ぶ事が出来ないが、生き方を選ぶことができる。「現在」というかけがえのない時間を精一杯生きよう」

ステキな言葉が書いてありました。

本の一部を少し紹介しましたが、

ステキな文章で、ちょっと感動

ドラマと、テーマがちょっと近い感じもします。

ドラマ「同期のサクラ」

自分のお気に入り、注目のドラマなので、

次回が楽しみです。

「同期のサクラ」毎週水曜日、夜10時なので、ちょっと気になる方は見てくださいませ。

 

メニューを閉じる